建物を長持ちさせる確かな工事をご提案。

紫外線や雨にさらされて、年数とともに屋根や外壁は傷んできます。傷んだ外壁や屋根を放っておくと雨漏りなどで内側から痛み、その分大かがりな工事になってしまいます。大切な住まいを痛めてしまう前に、その建物にベストな外壁・屋根の塗装や防水工事をしませんか。
toso_red_catch rs_toso_red_catch
外壁・屋根塗装は見た目の美しさだけでなく、建物を雨水から守るために行います。時とともに劣化した塗装の膜や壁のひび割れから家の内側に雨水が入り込んでしまうと、下地の柱を腐らせてしまったり、湿気を含んだ材木がシロアリの被害にあう可能性がでてきます。そうなると、外壁塗装だけではすまなくなることも。適切な外壁・屋根塗装が雨漏りによる二次的被害を防ぎます。
toso_bikan_photo rs_toso_bikan_photo
toso_nensu_title rs_toso_nensu_title
一般的には10年ごとの塗り替えがいいと言われています。
環境下にもよりますので、建物を一度よく観察してください。
toso_nensu_illust rs_toso_nensu_illust
このような症状が現れたらご相談ください。もちろん安心の無料相談です。オススメする塗装の種類・特徴・工事の進め方などをわかりやすくご提案させていただきます。

toso_color_sim_title rs_toso_color_sim_title
サンプルをみただけではなかなか判断が難しい色。選ぶ色によって建物の印象も大きく変わってきます。そこで造研ではカラーシミュレーションを行っています。様々なパターンでシミュレーションが可能ですので、納得の色・組み合わせを探せます。
toso_color_sim_photo rs_toso_color_sim_photo

toso_bosui_title rs_toso_bosui_title
建物の寿命は浸水への対応で変わってきます。雨漏りは天井や壁が汚れるだけでなく、カビが発生したり、建物の躯体自体にダメージを与えてしまいます。ベランダの浸水がひどいとベランダ部分が朽ち落ちてしまうこともあるので、屋上やベランダの防水はとても重要です。建物の状態に最適な防水工事で大切な建物の資産価値を守ります。
toso_bosui_illust rs_toso_bosui_illust


toso_bosui_nensu_title rs_toso_bosui_nensu_title
防水の寿命は、工法や仕様、環境によって開きがあるので、「何年」という時期ではなく、定期的な点検が重要になります。
toso_bosui_nensu_photo rs_toso_bosui_nensu_photo
このような症状が現れたらご相談ください。また、防水工事は防水層を施工する部位や資材の種類とその組み合わせによって様々な工法があります。外装のプロがきちんと診断し、最適なプランをわかりやすくご説明します。

toso_bosui_topcoat_title rs_toso_bosui_topcoat_title
toso_bosui_topcoat_illust rs_toso_bosui_topcoat_illust
防水工事にはいくつもの種類がありますが、どの方法でも防水層に防水トップコートを塗布します。この防水トップコートは防水層を紫外線から保護するためのコーティングです。防水工事も防水層の状態によっては、このトップコートの塗り替えのみで十分な場合もあり、その方が工期も短くなり費用も軽くなります。トップコートを塗り替えることで、防水層を長持ちさせることができますので定期的な点検が重要です。

toso_shojo_title rs_toso_shojo_title
シーリングとは継ぎ目の事です。大きな劣化がない場合は、シーリングのメンテナンスですみます。既存のシーリングを撤去して新しいシーリングを打つ「打ち替え」と既存のシーリングを補修しながら新しいシーリングを打つ「打ちまし」がありますので、適切な方法をご提案します。
toso_shojo_photo rs_toso_shojo_photo